2019年改正|動物の愛護及び管理に関する法律について

動物愛護管理法

2019年動物の愛護及び管理に関する法律改正について

2019年動物愛護管理法改正

令和元年6月12日に「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が可決成立し、6月19日に公布されました。

令和2年6月より段階的に施行される予定です。(2019年11月現在)

第一種動物取扱業者にとっては、全ての改正が業務へ関連しますが、特に注意が必要な項目について、以下に解説を加えています。

令和2年(2020年)6月中に施行

令和3年(2021年)6月までに施行

令和4年(2022年)6月までに施行

第一種動物取扱業登録の拒否事由変更点(2020年6月~)

第一種動物取扱業登録の拒否事由追加

改正前 改正後
成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者 心身の故障によりその業務を適正に行うことができない者として環境省令で定める者
破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
登録取り消し処分があった日から2年を経過しない者 登録取り消し処分があった日から5年を経過しない者
登録を取消された法人の役員であった者で、取り消し処分があった日から2年を経過しない者 登録を取消された法人の役員であった者で、取り消し処分があった日から5年を経過しない者
禁固刑以上に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けなくなった日から5年を経過しないもの
各関係法令で罰金以上の刑に処され、その執行後2年を経過しない者 各関係法令で罰金以上の刑に処され、その執行後5年を経過しない者
関係法令に、外国為替法・外国貿易法を追加
暴力団対策法に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
法人であって、その役員のうちに前各号のいずれかに該当する者がある者 法人であって、その役員又は環境省令で定める使用人のうちに前各号のいずれかに該当する者がある者
個人であって、環境省令で定める使用人のうちに前各号のいずれかに該当する者がある者

勧告に従わない事業者の公表(2020年6月~)

改正前、都道府県知事には勧告に従わない事業者に対して、「期限を定めての措置命令」の権限までしか与えられていませんでした。

改正後は、期限までに勧告に従わない事業者を公表する権限が加えられました。

第一種動物取扱業登録取消後の勧告等権限強化(2020年6月~)

改正前には認められていなかった、登録取消し後の事業者に対しての「勧告」「命令」「立入検査」が、取り消し後2年間は可能とする権限が加えられました。

犬猫販売の対面説明を事業所内のみに限定(2020年6月~)

2012年改正時の、犬猫販売における「現物確認」及び「対面説明」の義務化に加え、今回の改正で「その事業所において」と言う制限が加えられました。

それに伴い、登録した事業所以外(駅、空港、顧客宅、ドッグショー会場等)での「現物確認」及び「対面説明」が禁止されました。

動物殺傷罪、虐待罪、遺棄罪の罰則強化(2020年6月~)

今回の改正で罰則が強化されたのは以下の通り。

罪名 罰則
動物殺傷罪 5年以下の懲役または500万円以下の罰金
動物虐待罪
動物遺棄罪
1年以下の懲役または100万円以下の罰金

第一種動物取扱業者の遵守基準の明確化(2021年6月までに)

第一種動物取扱業者の遵守基準の明確化

2019年11月の段階では内容が不透明であるが、環境省令により「第一種動物取扱業の遵守基準を具体的に定める」ことが規定され、2021年6月までに施行される予定です。

具体化する遵守基準は以下の7項目となります。

  1. 飼養施設の管理、飼養施設に備える設備の構造及び規模並びに当該設備の管理に関する事項
    ★動物一頭あたりの必要面積等が検討される可能性あり
  2. 動物の飼養又は保管に従事する従業者の員数に関する事項
    ★従業者一人あたりが飼養できる動物の頭数が制限される可能性あり
  3. 動物の飼養又は保管をする環境の管理に関する事項
  4. 動物の疾病等に係る措置に関する事項
  5. 動物の展示又は輸送の方法に関する事項
  6. 動物を繁殖の用に供することができる回数、繁殖の用に供することができる動物の選定その他の動物の繁殖方法に関する事項
    ★動物の年間繁殖可能回数や生涯繁殖可能回数等が制限される可能性あり
  7. その他動物の愛護及び適正な飼養に関し必要な事項
Check★第一種動物取扱業登録業者にとっては、非常に厳しい内容になる可能性もありますので、今後の環境省令を注視しておく必要があります。

生後56日未満の犬猫の販売制限(2021年6月までに)

2012年改正時の「経過措置」に関する附則が削除され、生後56日を経過しない犬猫の販売が制限されました。

但し、特例措置として「天然記念物指定犬(秋田犬・甲斐犬・紀州犬・柴犬・北海道犬・四国犬)」については、生後49日を経過しないものの販売が制限されました。

犬猫販売業者のマイクロチップ装着義務化、情報登録義務化(2022年6月までに)

犬猫販売業者は、マイクロチップの装着と情報登録が義務化されます。

また、マイクロチップを装着した犬猫を譲り受けた者については、情報の変更登録が義務化されます。

マイクロチップ装着と情報登録の流れ

Check★犬猫繁殖業者については、子犬や子猫のみならず、所有している犬猫全てにマイクロチップを装着する必要があります。

犬猫所有者のマイクロチップ装着努力義務化、装着後は情報登録義務化(2022年6月までに)

一般所有者、動物愛護団体が所有する犬猫については、マイクロチップの装着が努力義務化されます。

また、マイクロチップを装着した場合は、情報登録と変更登録が義務化されます。

Check★努力義務とは、法律上は違反しても罰則の対象にならないとは言え 、本来はそうすべきことであり、そのように努めなければならないと言う意味です。

第一種動物取扱業サポートサービス

ペットビジネス開業サポート

ペットビジネス起業・開業・独立サポート

ペットビジネスの起業・開業・独立に不可欠な、行政機関への許可 ...
続きを読む
ペットビジネス運営・拡大サポート

ペットビジネス運営・拡大サポート

ペットビジネスの運営と拡大に必要不可欠な、行政機関への各種の ...
続きを読む
ペットビジネスの予防法務|契約書・利用規約作成

ペットビジネス予防法務サポート|トラブル対策

契約書・利用規約等の重要性 命を扱うペットビジネスにおいては ...
続きを読む
Loading...

関連記事一覧

 ペットビジネスを始めるなら!